個別相談会事前インタビュー 相続不動産編 Ver.4

アドバイザーインタビュー 相続不動産編 ≪最終≫

Q.4 「不動産活用の代表例はなんですか?」

アパート経営です。
アパート経営は一つの事業であり、一つのビジネスです。

ということはそれなりの事業リスクが絡みます。
アパート経営を考えられているお客様には、
まずお伺いするのは事業を進められる上で必要となる資金面の現状です。

何を目的としているのか。
活用のための資金は足りるか。
考えられるリスクはどのようなものか。
あらゆる面を考慮しながら活用方法を提案してまいります。

Q.5 「相続に関わる不動産対策はありますか?」

あります。大きく分けると3つです。

一つ目は相続税の節税対策です。
相続、贈与される土地にかかる税金を少しでも少なくするためには、
やはり土地に居住用の建物を建てたり、活用することをお勧めします。
活用方法によって不動産の評価額も変わりますしかかる税額も変わりますよ。

二つ目は相続税の納税資金対策です。
土地を駐車場にしてそこからの収入を納税資金に充てたり、
不動産その物を売却して、その収入を充てるということです。

不動産を売却する場合、その不動産の評価を高めるための対策を行います。
例えば、売却される土地を実地調査して、もしその土地の状態が悪かった場合、
土地を良い状態にするために整備を行います。

  • その整備には何をするのか
  • かかる費用はいくらか
  • 整備後の売却額はいくら見込めるか

などシュミレーションし、最適な対策方法を検討します。
また市場調査など行い売却のタイミングなどもしっかりと考え実施しなければなりません。

そして三つ目は相続分割をスムーズに行うための対策です。
相続人が複数人おられる場合、その相続人すべての方に
不動産をバランス良く分割出るよう、分割前の事前準備をします。

複数の不動産をお持ちの場合、
一方が良い状態のもの、一方が悪い状態のものだったとき、
何も対策をしないままに相続が発生し各人が相続することになったら、

そう、もめますよね。

もめない為に、不良の不動産は整備し良い状態に戻し、
不公平なく平等に相続出来るよう対策を講じるのです。

相続にかかわる不動産問題・対策は本当に様々です。

相続、贈与時に掛かる税額算定の為の不動産調査から、
相続後の不動産活用の対策の検討、不動産対策実施後のアフターケアなど。
不動産一つをとっても同じものはありません。多種多様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このページの先頭へ